看護師 常勤 メリット

常勤のメリットは?

看護師として働く際に、常勤、パート、バイト、派遣と色々な形態があり、自分に合った働き方を選択しますよね。

 

 

看護師に限らず常勤で働く場合の一番のメリットは、社会的に身分が保証されていますし、安定的に働く事が出来ることですね。

 

パートやバイトは、雇用する側の理由で雇用を打ち切ることが簡単に出来ますが、常勤はそう簡単に解雇することは出来ません。

 

社会的に見たときも、いくら派遣で高収入であっても、年収が少なめでも常勤の方が安定しているとみなされますね。

 

常勤の場合は、賞与や退職金などもあります。

 

時給はパートや派遣の方が良くても、賞与を合わせると年収は常勤の方が多くなります。
年二回の賞与は、看護師だとかなりの額をもらえますし、大きなメリットです。

 

また、長年働いてもパートやバイトの退職金はありません。
看護師の常勤であれば高額の退職金も手にすることが出来ますね。
将来的に考えて、老後などの不安も減りますね。

 

また、常勤は社会保険なども充実しています。
社会保険、雇用保険、厚生年金など毎月引かれる額が大きく、総支給額よりかなり少ない手取りになりますが、常勤の場合、会社でも一部負担しているのです。

 

社会保険に入っていると、病気などで長く休む時も給料がある程度保障されます。

 

パートやバイトの場合はそういった保障がありませんから、大きなメリットですね。

 

また、常勤には産休や育児休暇、介護休暇などの休みの保障があります。
パートやバイトはそういった保障がありませんから、一旦退職や無給になります。

 

女性にとって、産休や育児休暇は大変ありがたい事ですよね。
仕事をしていない間も、給料がいくらか支払われますし、社会保険などの保障もあります。

 

そういったメリットを考えると、看護師の常勤はかなり将来的にも安定したメリットの大きな仕事ですね。

常勤のデメリットは?

常勤で働くという事は、フルタイムで働く事になりますから、一番のデメリットは時間に自由がなくなるという事ですね。

 

 

パートやバイトであれば自分の都合に合わせた働き方が可能です。
曜日や時間帯など、短い時間で働く事が可能な時に働けます。

 

休みの希望も月に1?2回しか取れないという事もあります。
理解のある職場であれば、希望もだしやすいですが、年間休日数が少ないとか、有給休暇の取りにくい職場であれば連休も少なくなりますね。

 

子育て中のママさんナースなど、フルタイムの常勤よりも、パートなどの方が働きやすいのはその為ですよね。

 

しかし、常勤は決められた時間を働かなくてはいけませんし、月に休める日数も決まっています。
もちろん有給休暇などの保障がありますから、正当な理由があれば休む事は可能です。

 

しかし、あまりにもやたらと欠勤が多い場合は、解雇されてしまう事もありますから、責任をもって働かなくてはなりません。

 

常勤として働くという事は、社会的な保障や、給料の保障などメリットも多くありますが、その分の責任もありますし、会社の都合に合わせた働き方が求められます。

 

もちろん、残業などもあります。
保育園のお迎えがあるから…と毎日残業をパスしてしまえば、常勤として働くにはどうかな?と思われてしまいますね。

 

 

また、常勤として長く働く事で、責任のある仕事を任されたり、役職を任命されるなど、重い仕事も回ってきます。

 

新人のプリセプターなども任されたり、職場の委員会に所属しなければならないなどといった事もあります。

 

やりがいのある大変名誉な事ですが、そういった事が面倒という方にとってはデメリットになってしまいますね。

 

しかし、看護師常勤のメリットを考えるとデメリットがあっても、常勤として働く方が得かなぁと思いますね。